家庭教師について学ぼう

このサイトでは、個人で家庭教師をしたいとお考えの方のために情報を提供しています。
この方法を選んだ場合、派遣センターなどに登録せず自力で生徒を探すことになりますし、生徒側との交渉も自分で行わなければなりません。
そこにはさまざまなノウハウが必要になります。
契約の流れはどのようなものか、向いている人の性格はどのようなものか、またどの程度の学力が必要なのか、学歴はどのぐらい重要になるのかなどを、個別具体的に紹介しています。

家庭教師は個人でも始められる

家庭教師は個人でも始められる 家庭教師は個人でも始められます。
派遣センターなどを介さず家庭と直接契約を結ぶため、仲介手数料が発生しないことや、自分の条件に合う生徒を探すことができるなど、魅力的な面が多いです。
ただ実際に始めるにはいくつかのハードルがあります。
最初のハードルは生徒を見つけることです。
主に次の3つの探し方があります。
まず、家庭教師を探している人がいないか、友人や知人や親戚などに声をかけましょう。
共通の知人が間に入ることで相手のあなたへの信頼感も増します。
生徒や保護者の情報を事前に把握しやすいメリットもあります。
次に、個人契約家庭教師専用サイトを利用するやり方です。
手間をかけずに探すことができるのがメリットです。
最後に、自分でウェブサイトを作成して募集をかける方法です。
個人契約家庭教師専用サイトだけでは伝えきれないことをアピールできるのが強みです。

家庭教師の上手な使い方とはどうすればよいか

家庭教師の上手な使い方とはどうすればよいか 家庭教師の上手な使い方は、いくつかあります。
まず完全に相手に依存しないという事が重要です。
全て頼り切ってしまうと良くないので、あくまで普段の勉強は自分中心で行い、家庭教師はその補足や穴埋めとして使うというスタンスにしましょう。
また必要以上に遠慮しないという事も大切です。
どうしても家庭教師は年上なので、生徒は遠慮しがちですが、それではもったいないです。
分からない所があったら、自分が理解出来るまで何回でも説明してもらいましょう。
他にも色々と自分が希望する事を要求するという事も必要です。
生徒側は雇っている立場なので、何をどのように教えて欲しいかを具体的にどんどんリクエストすると良いです。
それから相手に主導権を渡さないという事も上手な使い方の1つとして挙げられます。
家庭教師側に主導権を握られてしまうと、授業の時間配分や指導分野や内容が全て相手任せになってしまいます。
その結果自分がすでに理解出来ている問題を長い時間かけて説明されたり、逆に良く分からない問題をとばされてしまったりする恐れがあるので注意が必要です。
とにかく自分が教わりたい所や苦手分野を中心に教えてもらう為にも、主導権は常に自分がもつという事を心掛けましょう。
これらの点を注意すれば、家庭教師を上手に使う事が出来ます。

家庭教師の仕事でトラブルを避けるために出来ること

勉強が好きで他の人の教える仕事に携わりたい、という方におすすめの職業の一つに家庭教師を挙げることが出来ます。
自分が教えている生徒の成績が向上して、目指している高校や大学に無事入学できるのを見るとやりがいを感じることが出来ます。
さらに家庭教師は他の仕事に比べるなら時給が高く、地域によっても異なりますが、1時間3000円というところもあります。
しかし、実はトラブルが発生するケースも決して珍しくありません。
例えば、せっかく高いお金を払っているにもかかわらず、子供のやる気があまりない、学力が向上しない、目指していた学校に入学できなかった、と言うものです。
それは家庭教師の責任だけではなく教えている生徒にも問題があることですが、親御さんからすると「うちの子どもには非がない、教え方が悪い」というのです。
それで、そのようなケースにならないためにも生徒のやる気がないなら早めに親御さんと話し合いを行って解決することは大切です。

家庭教師はかなりの高額バイトとして人気が高い?

大学生の方であれば、高時給で割りの良い高額バイトをお探しの方も多いはずです。
その場合、家庭教師が最適と言えます。
家庭教師は高額バイトとして知られ、時給2,000円以上になることも少なくありません。
実力や需要次第では、もっと高時給になることも可能です。
そのことから、高時給のバイトをしたいという方におすすめです。
ただし、家庭教師はかなりプレッシャーや責任感のある仕事となります。
そのことから、生徒のことを志望する学校に合格させるために本気になって二人三脚で頑張ることが大切です。
そうしなければ、力を発揮できず生徒を合格させることができません。
自身の生徒をしっかりと志望する学校に合格させられるように、適切なやり方で指導することが重要です。
稼げる仕事ですが、その分責任感も重いのが家庭教師なのです。
そのことから、そのことについてしっかりと理解しておいてください。
やりがいがありますし、責任感の強い方に最適です。

家庭教師の時間はどれぐらいが妥当なのか理解する

家庭教師の先生をする場合には、どれぐらいの働くべきなのかを知っておくべきです。
結論から言えば、家庭教師を行う場合はその人が選択することができるのであり、働くタイムに関しては特に決まりはありません。
1週間に60分から90分だけでも良いですが、それだけだとほとんどお金は手に入りません。
そうすると、1週間に最低でも6から8時間位働く仕組みを作った方が良いかもしれないです。
逆に、あまりたくさん入れすぎても仕事がない可能性があります。
例えば、すべての科目ができればそれぐらいの時間を働くことができますがそうでなければ、1週間にサラリーマンと同じ程度働くのはかなり苦しいです。
男性と女性ならば、女性の方が稼ぎやすい仕事と言えるかもしれません。
なぜなら、男子生徒の女子生徒も女性の先生を希望する人がいるからです。
逆に男子生徒は男性の先生で良くても、思春期の女子生徒は男性の先生を避ける人もいますので、やはり女性が多少有利になるといえます。

女性の家庭教師がオススメのケースにはどのようなものがあるのか

これから家庭教師に勉強を教えてもらいたいと考えているけれども、性別はどちらを選べば良いのか難しいと考える人は多いものです。
どちらにも特徴がありますが、子供の性格などを踏まえた上で、よく考える必要があるでしょう。
女性の家庭教師の方がオススメのケースとしては、子供が年上の男性に威圧感を覚えてしまったり、子供が内向的で大人とうまくコミュニケーションが取れない場合、優しい指導を望むなどのケースが挙げられます。
男性に比べた場合には、女性の方が優しく柔軟な対応が得意とされています。
反対に男性の家庭教師の方がオススメのケースは、理系の教科を勉強したい、子供に男友達が多いなどが挙げられます。
先生の得意教科で選ぶことも一つの手段ですが、子供との相性を重視することが、学力を伸ばすことにもつながります。
家庭教師の性別を選ぶ場合には、指導力や得意教科ももちろん大切かもしれませんが、性格や雰囲気などその人自身のこともよく考えた上で、総合的に判断をすることが求められます。

年齢に合った指導と家庭教師のサービスに注目

年齢に合った指導ができるように家庭教師のサービスに注目することも大切なポイントです。
小学生の定期テスト対策で学習を行う方法や中学生が高校受験を意識しながら学習を進めていくなど、一人一人に合ったペースで学習を行っていけるようにすることが重要になります。
家庭教師は、プロもいれば、大学生のアルバイトもいるなど、それぞれの良さがあります。
大学生のアルバイトの場合、自身の受験経験をもとに、アドバイスをくれるなど、参考になる情報をたくさん集めていけますし、相談しやすい先生です。
家庭教師に注目するときに、実績に注目していき丁寧な指導ができる環境を見つけられるように比較をすることも必要になります。
口コミ情報を集めながら、評判が良いサービスを選択していくようにすることも大切なポイントです。
また、体験コースを選択するなど、体験をしてからサービス内容を詳しく知っていけるようにすることも重要になります。
先生との相性もあるため、年齢に合ったわかりやすく教えてくれる先生を見つけるための情報収集に注目です。

家庭教師には塾に通うよりも大きなメリットがある

これから自分の子供が受験勉強のシーズンに突入する時、塾に通わせるか家庭教師を雇うか、非常に迷った経験のある親御さんはとても多いのではないでしょうか。
どちらにも良い部分や悪い部分が存在しますし、料金面の違いもあるかも知れません。
ですが家庭教師には、子供を塾に通わせるよりもいくつかのメリットがあります。
まず家庭教師の方から家まで来てもらうので、自分がわざわざ塾まで足を運ぶ必要が無くなります。
通うための無駄な時間を使わなくて済みますし、往復の間に起こるかもしれない事故のリスクも減らすことが可能になります。
その分のリソースを、自分の予習や復習の時間にしっかりと振り分けられます。
また机に向かってマンツーマンの指導をしてくれるので、受験勉強対策はもちろん、分からないことはその場ですぐに質問することができます。
苦手にしていた部分を即座に改善することができるので、効率の良い学習の実現が可能です。
だからこそ受験対策には家庭教師を選び、自宅でしっかり指導を受けると良いでしょう。

家庭教師では個別差が大きいというデメリットに注意が必要

家庭教師は、全ての人材に対して教育を行っているというわけではありません。
一般的に、家庭教師は登録制でサービスが提供されていることも珍しくなく、要望があったときに派遣されているということが多い現状です。
この場合、どういった人材が派遣されてくるかは未知数ですので個別差が非常に大きいというデメリットが存在します。
特定の教科を得意としていて幅広い分野に対応したいと考えているときに、それに対応できる人材が派遣されないと大きな損失に繋がります。
実際に、家庭教師の中には個別に給料のやり取りをしていることも多いので気を付けなくてはいけません。
教えてもらう教科はもちろんですが、自分自身できちんと目標設定している場合にはそれを満たすことができるだけの準備を整えておく必要があります。
定期テスト対策は受験対策など、家庭教師に求めるポイントは人それぞれによって異なるのでそれに対応できるだけの人材を派遣してくれるところに相談しなくてはいけません。

家庭教師と学習塾のそれぞれのメリットとデメリット

子どもの受験にむけて、家庭教師や学習塾をお考えの方へ、それぞれのメリットとデメリットについて説明します。
まず、家庭教師ですがいうまでもなくマンツーマンの教育を実施するため、それぞれの個人にあわせた効果的な教育が実施できます。
また、家に来てもらうことから塾に通う必要はなく、継続性を確保しやすいものと言えます。
一方で経費はかかりますし、友達と接する機会がなくなるため、進路について話や相談などがする相手が少なくなるという点はデメリットです。
つぎに、学習塾ですが、複数の友人とともに学習することから、それがモチベーション向上につながることや、塾に通うということで気持ちの切り替えになり、場所を変えて学習することで集中力が高まるなどの効果も期待できます。
こういった点は個人差はあるものの経費面においては、間違いなく家庭教師よりも安くなります。
どちらもメリット、デメリットがあるものの、結局どちらが効果があるかは個人差はあるますし、なにしろ経費面での優位さも無視できないものと考えます。

家庭教師を大手の会社を選ぶメリット・デメリット

家庭教師を派遣してくれる会社はたくさんありますが、大手の家庭教師会社を選ぶメリットはたくさんあります。
大手の会社の場合、教えるためのノウハウやフォロー体制の設備が整っています。
このようなノウハウなどは小・中規模の会社は充実していないことが多く、サービス面が充実しているというのは大きい会社だからこそのメリットと言えます。
具体的には、家庭教師が急に休むことになっても別の人員を派遣してもらえる、生徒側が先生を代えてもらいたい、曜日を変更したいという時には柔軟に対処してもらえます。
また、実績があるというのも安心して任せられます。
ただし、注意したいのが小・中規模の会社に比べて料金が割高になる傾向になるというケースが多い点です。
基本的には入会金と授業料が基本ですが、授業料は安くても教材費が求められることもあります。
費用面ではデメリットが多いですが、事前に費用だけではなく評判などもチェックした上で選ぶことが大切です。

家庭教師になるのに、具体的な年齢制限はある?

家庭教師になりたい人が悩むことの中の一つに「年齢制限」があります。
はじめに言ってしまうと、家庭教師をするのに年齢の制限はとくにありません。
しかし雇ってもらう場所によっては、大体これくらいの年齢の先生で揃えたいという明確に決まっているわけではないけれど確実に存在する決まりがあったりもするので、そういった場所では若すぎたり年齢を重ねすぎたりしていると雇ってもらえない可能性はあります。
個人でやる分にはそれこそ制限などはないので、自分で集客できるのであれば、何歳からでも家庭教師になることが可能です。
ただ、やはり若すぎると日本ではまだ説得力に欠けると考えられたりしますし、逆に年を重ねすぎていると思考速度が若い人に比べて劣る傾向にあるため、適した年齢というのはあると考えた方が良いでしょう。
それに家庭教師として一番大切なのは学ぶ側となる生徒です。
生徒が納得しながら、気持ちよく勉強できる相手となれる年齢こそが一番ということを考えて、そこに自分は当てはまるのかを考えてみましょう。

家庭教師から受ける指導は何時間が一般的?

家庭教師を依頼するにあたり、授業を何時間にするのか悩む人もいます。
両者が相談して決めるので一概には言えませんが、1日あたり2時間にすることが一般的です。
最初の1時間が終わったら10分の休憩をとり、その後にまた1時間実施するといった具合です。
休憩を挟んで指導する教科を切り替えることもよくあります。
1時間ほどで集中力の途切れる生徒が多いため、このタイミングでの休憩は効果的に作用しやすいです。
とはいえ、単純に休むだけではなく、この時間を使って雑談をすることもポイントになります。
学校生活の話などを聞くことで、生徒に対する理解を深めることも可能です。
趣味や恋愛など、勉強以外の内容を話せるため、生徒は家庭教師に親近感を抱きやすくなります。
一方、夏休みや冬休みといった長期休暇中は、3時間など普段より長めに指導することも多いです。
いわゆる塾の夏期講習や冬期講習に該当します。
このように柔軟に時間を設定できることも家庭教師に教わるメリットです。

家庭教師として働くと臨時ボーナスが出ることがあります

受験には学校だけでの勉強では足りないので、多くの受験生が塾などに通います。
ただ塾は集団で学ぶことが多いので、細やかな指導を受けることが難しく、そんな時はマンツーマンで学べる家庭教師がおすすめです。
自宅まで来てもらうことができるので、子どもにとってもリラックスして学べるという利点があります。
一方で家庭教師にとっても、普段の子供の学び方や環境を見ることで、その子にあった教え方を提案することができるところが魅力になります。
また家庭教師として働くとき、それぞれの家庭と専属契約を結ぶ方法がありますが、その場合は臨時ボーナスが出る可能性もあります。
教えている子どもが受験に合格したり、目覚ましく成績がアップした場合は、感謝の気持ちで臨時ボーナスが出ることがあるからです。
気を付けたいのは、契約するときにそれらの条項がないことがほとんどになります。
だから過度に期待せずに、家庭教師の仕事に専念しようとする心構えを持つことが重要です。

一流大学への合格を目指すなら家庭教師に勉強の依頼を

世の中には多くの大学が存在していますが、もし自らの学力にある程度の自信があるなら、なるべく偏差値の高い大学を目指すと良いです。
一流大学だと就職先の選択肢がかなり広がるので、その分将来の進路が複数生まれる可能性が高いからです。
そのため高校の早いうちから勉強に取り組み始めることで、志望校へ合格する確率を上げられるはずです。
最初のうちは普段使っている教科書や参考書を用い、自室や図書館などで自分なりの勉強法を行うかもしれません。
ただし自己流だと学力の伸び具合にやがて限界が訪れるので、合格の可能性が低くなります。
ここはやはり専門の家庭教師に勉強の依頼をし、合格の確率を上げる努力を行いましょう。
こういった家庭教師だと普段の勉強だけでなく、入試で良い点数を稼ぐためのノウハウをいくつも持っています。
問題の解き方や時間の使い方、受験当日の心構えなども伝授してくれるので、きっと心強い味方になってくれます。
家庭教師への依頼もインターネットを利用すればすぐなので、速やかに実行してみてください。

家庭教師に求められるコミュニケーション能力

家庭教師に求められる資質は多岐にわたります。
もちろん教える能力の高さが最優先ですが、その能力もいくつかの要素で構成されています。
学力だけで決まると思うのは間違いなので気をつけてください。それと同じぐらい生徒とのコミュニケーションが上手であることも大事です。
指導したい内容を適切に伝えられないと成績のアップは見込めません。
一般的な会話ができるだけでも成り立ちますが、本来はその一歩先のレベルであることが望ましいです。
生徒の気持ちもしっかりくみ取ったうえで、会話をリードできると意思疎通が捗ります。
家庭教師として教科の内容をじっくり教えることは欠かせません。
しかし、ときには雑談を交えて親睦を深めるような配慮も必要です。
自分のほうが年上であることを踏まえて、相手が何を望んでいるのか察する眼力も求められます。
プロの家庭教師の場合はそれを自然とこなせる場合も多いですが、アルバイトの場合は意識的に努力する必要があるでしょう。

家庭教師と契約する前に人間性をしっかり確認しよう

家庭教師を選択するうえで人間性を見極めることは重要です。
たいていの人は学歴や指導のスキルだけに注目してしまいます。
たしかにそれらも大切ですが、それよりもマンツーマンの指導という方式に目を向けなければなりません。
学習塾などと比べて、指導者と生徒の距離感がとても短いです。
その分だけ互いの人間性がしっかり見えます。
それが好ましいものなら問題はありませんが、どうしても相性が悪いと感じることもあるでしょう。
いったん習い始めてからそれに気付くと対処に苦労しかねません。
契約を打ち切るための話し合いが必要ですし、他の家庭教師を探す手間も発生します。
何より生徒の心理状態に大きな影響を及ぼしてしまいます。
家庭教師が変わると慣れるまでの時間がリセットされ、ストレスが蓄積しやすいです。
このようなリスクを避けたいなら、最初の選択でしっかり相性を確かめなければなりません。
両者を交えて保護者のもとで面談する時間を設けましょう。

もっと家庭教師を知りたい

家庭教師 東京

新着情報

◎2023/11/15

情報を更新しました。
>家庭教師から受ける指導は何時間が一般的?
>家庭教師として働くと臨時ボーナスが出ることがあります
>一流大学への合格を目指すなら家庭教師に勉強の依頼を
>家庭教師に求められるコミュニケーション能力
>家庭教師と契約する前に人間性をしっかり確認しよう

◎2023/1/16

情報を更新しました。
>家庭教師には塾に通うよりも大きなメリットがある
>家庭教師では個別差が大きいというデメリットに注意が必要
>家庭教師と学習塾のそれぞれのメリットとデメリット
>家庭教師を大手の会社を選ぶメリット・デメリット
>家庭教師になるのに、具体的な年齢制限はある?

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>家庭教師の仕事でトラブルを避けるために出来ること
>家庭教師はかなりの高額バイトとして人気が高い?
>家庭教師の時間はどれぐらいが妥当なのか理解する
>女性の家庭教師がオススメのケースにはどのようなものがあるのか
>年齢に合った指導と家庭教師のサービスに注目

◎2020/6/17

学力よりも指導力で選ぶ
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

受験を考えている人へ
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

生徒との相性がカギを握る
の情報を更新しました。

◎2019/11/13

家庭教師に学歴は重要?
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

家庭教師に必要な学力
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「家庭教師 個人」
に関連するツイート
Twitter

ゼブラックで 今 家庭教師ヒットマンREBORNが未来編まで無料で読める 懐かしい。  まぁ 個人的に面白くなるところは骸が出てくるところからやけど‥

"美人家庭教師ヒカリ先生の接吻レクチャー個人レッスン 梓ヒカリ" PR 作品はこちらからどうぞ⇓

ラジオでDBSについてストーカー、下着窃盗も含めるべき、芸能事務所、スイミングスクール、個人家庭教師も対象にすべき。なのでまだまだ足りないという話をしている。塾の経営者にとってもよい法律と話している。「おそれ」を見ぬかなければならないのってよいのかね。「おそれ」の話はしてないけど

今なら家庭教師ヒットマンREBORN!ジャンプ+で未来編がちょこっと読めるよ!個人的に好きなのは黒曜編とリング争奪戦かな!(聞いてない)でも未来編は推しの大人姿拝めるし推しカプがガチめの喧嘩するし推しが拷問にあうし好きだよ!(聞いてない)

同業者と軽く打ち合わせ。主に集客。そもそも大手家庭教師センターに対する問い合わせが総合型に集中しているのなら、生徒集めは個人でがっつりやるしかないし情報は独り占めせず分け合おうって話をした。漠然と待っていても人なんて来ない。センター経由だと安く利用されるだけ。